ブログトップ

うつわ、うきふね より

takefune.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

窯場から眺めると

b0292097_11254694.jpg


絵に描いたような田舎の風景です。
稲が刈り取られて、きれいな黄色い田んぼが見えます。
青に緑に黄色に赤に 透明な空気。
だけどすぐ後ろも山なので、あっという間に山の影に入ります。
そして、じわじわと向こうの山まで伸びていく。
もうすぐに寒くなるんだろうな・・
[PR]
by take-ukifune | 2013-09-26 11:26 | 日々のこと

バサラ

水玉模様のシャツとボーダー柄のパンツ、組み合わせて着こなせる人はかなりのオシャレさんだと思います。
バサラシリーズの器の柄は水玉とボーダー。
b0292097_1045475.jpg


バサラという名前は室町時代の美術から付けたものです。
最初はカップ&ソーサーを作っていました。
丸いカップの柄と取手の柄と四角いソーサーの柄、それぞれを違う柄にすることで丸に四角に柄on柄。
少しやりすぎな感じですが、田舎娘がおしゃれするような素朴な感じに仕上げています。
「それでいいの?」
「うん、いいのいいの」
[PR]
by take-ukifune | 2013-09-19 10:55 | うつわ

カイブツクン

時間を見つけて描いているカイブツの絵。
なるべく短時間で細かく描きたいので青一色で描いていますが、
本当は色があります。時間をかけて色鮮やかに描いてみたいのですが
いったい何がしたいのやら。

b0292097_1124661.jpg


きっかけは、夜、布団の中で息子に聞かせるお話から。
私は本の読み聞かせが苦手なので、その時勝手に作ってお話をします。
「お母ちゃんが旅に出て不思議な生き物と出会うお話」
お母ちゃんが歩いていると「おい」と声をかけられ、振り向くと見たことのない生き物が!
毎回その生き物の姿形や印象を、細かくひとつずつ説明していく・・・というもの。
言葉だけで説明して、会話をして、息子の頭の中にもそれなりの生き物が出来上がっていくようです。
最後はお友達になって「じゃあね」でおしまい。
頭の中にぼんやり残っていたカイブツを絵に描いてみたくなり
描いてみるとまた違うカイブツを描いてみたくなり、
本当に、いったい何がしたいのやら。
[PR]
by take-ukifune | 2013-09-12 11:26 | 日々のこと

香り

b0292097_1053392.jpg


庭の端で、ゼラニウムの葉っぱがいつの間にか茂ってもしゃもしゃになって
風に吹かれて良い香りがするので
ちぎって飾ってみることにしました。
良い香りが、ちぎった私の指からもしばらく離れない。
[PR]
by take-ukifune | 2013-09-06 10:55 | 日々のこと

ふたつのカップ

ポコっとした出っ張りを
つるんとしていたら、どっかにくっつけたくなる。

onescene cup(ドア)
b0292097_1513361.jpg


もう何年も前
ザザッとしたドローイングのようなカップを作りたいなあと思って作ってみたのが始まり。
形も柄もシャシャッとやってはみ出しているようなイメージで。
作り始めの頃は、もっと形も作りっぱなしのような粗雑感があったし、
絵付けの線には勢いがあり、塗りつぶした筆跡も残っていた。
同じものを同じものを…と作り続けてきたら、知らず知らずのうちに
形の角が取れてきて、線の太さも安定し、ぺたんと塗りつぶすようになっていた。
いつのまにか、そうなりました。


航海カップ(シロクマ)
b0292097_15272443.jpg


焼きものは、乾燥させたり素焼きしたりで形を作ってから絵付けをするまでに少し時間が空くことがあります。
ある時また、ボウルにポコッとした出っ張りを付けていて
さて絵付けという時に
「これはいったい何の出っ張りだったか?」となり、何日か待ったのですが思い出せず
結局その出っ張りに合う絵を描くことにしました。
それが最初のシロクマ。
[PR]
by take-ukifune | 2013-09-03 09:56 | うつわ

やま。

仕事場を移す準備をしています。
田舎です
まちからは少し離れて、ぽつんと浮かんでいるような。

b0292097_1163882.jpg

[PR]
by take-ukifune | 2013-09-02 11:08 | 日々のこと